ブログ

常連の釣師様より青森県鯵ヶ沢の天然遡上の金鮎が届きました。白神山地を源流とする赤石川に生息するアユは、魚体が金色を帯びていることから「金アユ」と呼ばれています。赤石川に含まれる黄鉄鉱の成分がアユに吸収され、背や腹部を金色にするのではないかと言われています。実際、赤石川上流には、花崗(かこう)岩が多く、これに黄鉄鉱が大量に含まれているそうです。炭火で焼いた金鮎、美味しいお酒と一緒にどうぞ(^ ^)